幸福の姓名判断

幸福の姓名判断は1990年から始まった無料占いサイトです。
当サイトでは名前(姓名)の画数を元にして、総合的な運勢、家系的な運勢、仕事の運勢、愛情面の運勢、 社交運、性格、人間関係、注意が必要な体と健康、ラッキーポイント、今月の運勢バイオリズムがわかります。

全角漢字で入力してください。
※旧漢字と新漢字を切り替えて鑑定できます。

新漢字 旧漢字

新漢字、旧漢字とは
新漢字は、日本で第二次世界大戦後に内閣告示された 『当用漢字字体表』に掲げられている漢字の字形から 抽出される標準的な字体のことです。 旧漢字はそれ以前のものです。



姓名判断講座

姓名判断では、その人の名字と名前の画数を、『天格』、『人格』、『地格』、『外格』、『総格』の5つに分けて分析することで、性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気などを判断します。
天格(天運)は、名字の合計画数のことを言います。「田中」という名字なら、「田」が5画と「中」が4画で合わせて天格は9画になります。天格は天運とも呼ばれ、その人の祖先運や先天運となります。その名字に特有の運と言えます。
ポイント:その人本人の問題ではなく、その他の影響を大きく得受けるため、天運が悪くてもあまり気にすることはありません。
人格(人運)は、名字と名前をつなぐ文字の画数の合計のことを言います。名字の最後の文字と、名前の最初の文字です。「田中 一郎」なら「中」が4画と、「一」が1画で人格は5画になります。人格は人運とも呼ばれ、その人の個性や内面を表す運で、運命に最も大きな関係を持ちます。
ポイント:人運が良い人は生まれもの(天格)や環境(外格)が悪くても、成功しやすいと言われます。姓名判断で総運の次に注目すべき画数です。
地格(地運)は、名前の画数をすべて合わせた合計を言います。「一郎」なら「一」が1画と、「郎」が9画で地格は10画になります。地格は地運とも呼ばれ、人格形成以前の運とされ幼少期から青年期に入る30歳半ばくらいまでの期間の運勢を表しています。
ポイント:地格が良い人は若くして成功しやすく、悪い人は苦労することも多いといわれます。
総格(総運)は、名字と名前の画数をすべて合わせた合計を言います。「田中一郎」なら19画になります。総格は総運とも呼ばれ、主に後年運を表し、その人の一生の運勢が上り調子か、下り調子か判断します。
ポイント:天格が良い人は後年になるほど、運気が上昇しやすいと言われています。姓名判断で最も注目すべき画数です。
外格(外運)は、総格から人格を引いた画数のことを言います。「田中 一郎」の場合だと、総格が19画で人格が5画のため、外格は14画になります。外格は外運とも呼ばれ、その人の環境などを表し、育った環境や働く環境の善し悪しがわかり、その人が持っている運勢の足りないところを補う役割を果たします。
ポイント:外格が良いと、本来持っている運勢を素直に発揮しやすいと言われています。
凶数とは、凶意を示す画数で、姓名判断をする上では五格(天格、人格、地格、外格、総格)により判断するため、凶数があるからと言って悪いという判断にはならない点には注意が必要です。
凶数は、2画・4画・9画・10画・12画・14画・19画・20画・22画・26画・28画・46画・50画・54画・55画・59画・60画です。
吉数とは、吉意を示す画数で、姓名判断をする上では五格(天格、人格、地格、外格、総格)により判断するため、吉数があるからと言って良いという判断にはならない点には注意が必要です。
吉数は、1画・3画・5画・6画・7画・8画・11画・13画・15画・16画・17画・18画・21画・23画・24画・25画・29画・31画・32画・33画・35画・37画・38画・39画・41画・45画・47画・48画・52画・57画・58画です。
画数の数え方にはいくつかの方法があります。大きく分けて「新漢字」と「旧漢字」です。姓名判断は画数の数え方が大切になり、どちらで計算するかで結果が異なります。姓名に新漢字と旧漢字のある漢字がある場合は、一般的には普段自分の名前を記載する際に使用しているもので画数を計算します。

幸福の四柱推命がリニューアル!!

四柱推命(しちゅうすいめい)は、陰陽五行説を元にその人の
産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の
「支」に置き換え、それにより性格や運命を推察する方法です。

夢占い専門館がオープンしました!!

すべて無料の夢占いサイト。8143カテゴリー、16862メニュー。
毎日みる夢をシュチューエーション別に掲載。
「キーワード検索」も充実し、気になる夢の意味を調べられます。
多くの人がみた「夢ランキング」も必見。

メール占い専門館