姓名判断コラム

キラキラネームで実は困ること

最近読めない名前がよくあります。聞いてなるほどと、知的な読み方もあるとは思います。
ただ、思いもよらない当て字は何度も確認してしまいます。

ご両親は精いっぱいの愛情をこめているとは思いますが名前はお子様が一生使うものであり、本人を表すものです。
ご両親が困らなくてもお子様たちが困ることがあるようです。奇抜な名前だったり、流行りのキャラクターの名前だったり、連想ゲームのような名前はもう一度考えてもよいと思います。

 

 

幸福の姓名判断は1990年から始まった無料占いサイトです。 当サイトでは名前(姓名)の画数を元にして、総合的な運勢、家系的な運勢、仕事の運勢、愛情面の運勢、 社交運、性格、人間関係、注意が必要な体と健康、ラッキーポイント、今月の運勢バイオリズムがわかります。

自分の名前のバランス、気になる人との相性、生まれてくる赤ちゃんへの命名など、ヒントをつかむのにご利用いただけます。
もし気になる名前がありましたら、幸福の姓名判断をお試しください。
alt="幸福の姓名判断は榮倉奈々さんなどの姓名判断ができる”

一度で読んでもらえないのでその都度説明が必要【姓名判断】

一度で読めない名前はよくありますし、漢字ですので読み方も多様なのは理解できます。以前でしたら「天大」で「たかひろ」でもへぇ~って思っていましたが今では何だ?この名前?と、思うものが多くあります。

ネットにもニュースでも話題となったのが「王子様」(おうじさま)さんです。名前として付けるのか?親は自分の王子様だからと言っていたとのことですが本人は相当悩んでいたようです。高校生で改名されてとのことです。よく頑張ってこられたと思います。

説明が必要で子供のころは嫌だったが大人になって気に入っているといわれる方もいます。「宇宙」(こすも)さんです。「そら」さんとかそのまま「うちゅう」さんはいるように思いますが、「こすも」さんは聞きませんね。しかしロマンのあるお名前とは思います。呼ばれるたびに訂正するのも大変だったと思いますが。

名前が話題となってからかわれる【姓名判断】

前出の「王子様」さんは、名前を言ったり呼ばれたりが恥ずかしかったそうです。変な名前とみんなに思われ、からかわれる原因になってしまいます。

名前は自分を表すものですので毎日、連れ歩いているのと同じです。本人が特に目立ったことをしなくても名前が目立って注目されるのは辛いかもしれません。「混沌」(かおす)さんは、いつも笑われて苦労したそうです。人格形成されるときに妙な煩わしさが付きまとうようになりますね。はた目には可哀そうになってしまいます。

いくらでも素敵な名前がありますのであまりにも奇抜な名前は避けたいものです。

名前を呼ばれると皆がこちらを向く【姓名判断】

入学式では名前を一人ずつ呼ばれます。自分の名前を呼ばれて大きな声で「ハイ!」と返事をします。名前を呼ばれるのは嬉しいことだと思います。しかしあまりにも不思議な名前でみんながこちらを見てしまうと恥ずかしくて返事ができません。

「芯次威」(しんでぃ)さん、「輝人」(ぎふと)さん等、聞いたときにどんな字を書くんだろう?って聞きたくなりますよね。「正義」(じゃすてぃ)さん、「光宙」(ぴかちゅう)さんも聞いたら漢字を想像してたしかめたくなります。

歳をとってから呼ばれると恥ずかしい【姓名判断】

名前は一生使うものです。小さい頃はそれなりに可愛いと思うかもしれません。

「桜桃」(さくらんぼ)さんは、50歳になっても80歳になっても「桜桃」(さくらんぼ)さんですよね。「新一」(こなん)さんは、80歳になったときにコナンの漫画を知らない世代になって説明してもわかってもらえないかもしれません。名前は一生ものであることを知っておきましょう。

付けた親が常識的ではないと言われる【姓名判断】

これは、前出の「王子様」(おうじさま)さんが言っていたのですが親の常識が疑われるとのことです。
そうですよね、親はやっぱり尊敬したいと思います。尊敬したい親がつけてくれた名前で苦しみ、親を尊敬できなくなるって悲しいですよ。

周囲の反対にあってキラキラネームを断念した母親の多くがつけなくてよかったと思っているとのことです。つけていたら後悔していたかもと言っています。周りの人たちが常識ある方たちで良かったと思います。

改名の手続きが大変【姓名判断】

キラキラネームを付けて親が子どもの将来の困難さに早く気付いて改名することもあるでしょう。また、本人が大人になって改名することもあるでしょう。

改名の手続きは簡単なものではありません。戸籍法で定められています。正当な事由によって名を兼行しようとするものは、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならないとあります。この中にある「正当な事由」には、7つ上げられています。

1. 奇妙な名である。
2. 難しくて正確に読まれない。
3. 同姓同名者がいて不便である。
4. 異性とまぎらわしい。
5. 外国人とまぎらわしい。
6. 神宮・僧侶となった(やめた)。
7. 通称として永年使用した。
以上です。 家庭裁判所に出向くのはめんどくさいですよね。

まとめ

キラキラネームを付けたいと思ったときには周囲に聞いてみるのが良いでしょうね。他の人から言われると思いとどまれるかもしれません。

吉田兼好が徒然草に名前のことを記した中に「人の名前にしても、見たこともない珍しい漢字を使ってもまったく意味がない。どんなことも珍しさを追求して一般的でないものをありがたがるのは薄っぺらな教養しかない人がやりそうなことである。」

昔からキラキラネームがあったのかもしれません。くれぐれも教養のない薄っぺらな親にならないようにしてください

 

 

この記事は私が書きました

春恋(はるこい)

鑑定歴10年
鑑定実績 550件程(無料鑑定含む)
得意分野 家庭問題、恋愛、結婚、離婚、仕事、就職、育児他
鑑定占術 四柱推命、紫微斗数、断易、タロット、数秘術

メール占い専門館 ◎ http://www.uranaisenmon.com/naboo/teller_detail.php?tlr_id=382&pdc_id=&cpid=

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。