姓名判断コラム

結婚しても変わらない男の子の名つけ【姓名判断】

子どもが生まれて初めてのプレゼントが名前です。

男の子でも女の子でも生まれてきて願うことは健康だと思います。

その上で男の子でしたら、強い子になってほしい、優秀な子に育ってほしい、スケールの大きな子に育ってほしい、出世してほしい等いくらでも願い事がわいてきます。

 

男の子は多くが結婚しても姓が変わることがありません。

一生変わらないので名前を付けるのも意識してしまいます。

さて、姓が変わらないであろう男の子の名前の付け方を考えてみましょう。

 

幸福の姓名判断は1990年から始まった無料占いサイトです。 当サイトでは名前(姓名)の画数を元にして、総合的な運勢、家系的な運勢、仕事の運勢、愛情面の運勢、 社交運、性格、人間関係、注意が必要な体と健康、ラッキーポイント、今月の運勢バイオリズムがわかります。

自分の名前のバランス、気になる人との相性、生まれてくる赤ちゃんへの命名など、ヒントをつかむのにご利用いただけます。
もし気になる名前がありましたら、幸福の姓名判断をお試しください。
alt="幸福の姓名判断は榮倉奈々さんなどの姓名判断ができる”

姓名判断で「姓と名前のバランスを考える」

日本人は漢字を使った名前がほとんどです。

姓が変わらないのなら全体のバランスを見て漢字を決めていくことができます。

姓と名前の画数のバランスもあります。

 

姓が一字でしたら全体に軽くならないように名前の字数2文字や3文字にみると良いでしょう。

また、姓が画数の多い時には名前の画数を少し減らすと重くなりません

 

そして姓と同じ部首が付く漢字が使われていないかも見てみましょう。

例えば、さんずいの付く漢字が並ぶなどです。似た形の漢字が続くと読みにくくなります。

 

バランスをしっかり考えて一生の名前を付けてください。

 

大きく紙に書いて少し離れて見て形のバランスや重たい感じ、もしくは軽い感じが無いかも確認してみると良いでしょう。  

姓名判断で「漢字の意味を考えて付ける」

漢字には意味があり、漢字から受けるイメージがあります。

 

つけようと思ったときには、一度辞書で調べてみてください。成り立ちを見るとイメージがわきますし不吉な成り立ちの漢字を避けることもできます。

姓に使われている漢字との意味のバランスも考えてみると良いですね。

 

先の項でも述べましたが「池木涼太」と名前をつけるとさんずいが姓と名前に使われます。

このように同じ部首が無いようにしておくと意味が偏らずに良いでしょう。  

姓名判断での「画数の意味」

男の子は姓が変わらないのでもちろん画数は、一生変わりません。

画数の意味する姓名判断が使いやすいので画数に意識を向けることをおすすめします。

 

画数の持つ意味 を見ていきましょう。

  1. 天格 姓の総画数 祖先から受け継いだ姓ですし男の子は変わりませんので特に大切とされます。
    家柄、家業などはここで見ます。
    また、晩年の運勢を表します。
  2. 人格 姓の最後の字の画数と名前の一字目の画数の合計 姓と名の両方の画数をみますので一番重要な画数とされています。
    人格が吉数ならば自信にあふれる人生を送ると言われています。
  3. 地格 名前の合計画数 表面ではわからない内面をここで見ます。
    幼少期、人間の人格形成を表すともいわれています。
    幼少期の成長が人格に影響すると考えられるからです。
  4. 外格 総格から人格を引いた画数 家族や人間関係をみます。
    産まれてからの外的な運勢をみます。吉数の画数でしたら友人に恵まれ社会に出ても上司や同僚に恵まれるでしょう。
    人間関係が良ければ人生の苦労が少なくなります。
  5. 総格 姓と名の合計画数 総格は全ての画数ですが運勢をみるときにあまり重要視しません。
    ただ晩年の運勢と言われています。

姓名判断での「名前の読みやすさ」

男の子は姓で呼ばれることが多くなりますが全体に、読むことが困難な名前はやめておいた方が良いでしょう。

奇抜な名前、または、キャラクターの名前をはやりで付けることも感心しません。

イメージだけで複雑な名前にすると一回一回名前の説明をしなくてはならなくなります。

 

自分の名前が煩わしくなるとせっかくの親御さんからのプレゼントが台無しになってしまいます。  

姓名判断での「かっこいい名前、読み方」

男の子は一字でかっこいい名前が人気です。

「翔」は人気のある漢字です。
ランキングに入っている名前の読み方をみると「しょう」「かける」等、かっこいい読み方ですね。大きく羽ばたくイメージが男の子の成長に合うようです。

「走」も大地を蹴って走る爽やかな漢字です。
読み方は「かける」「そう」などと読みます。

また、自然をイメージする名前も人気です。
例えば「海」「陸」「空」等が入る名前は自然のイメージでスケールの大きさを感じます。  

姓名判断での「先祖からの一字を受け継ぐ」

代々、男の子には同じ一字をつけるなどこだわるお宅はあると思います。

特に代々続いている家、ご商売をしている家ではよく聴きます。

一代で大きく築く人物が現れるとその方にあやかって一字を代々受け継ぐようです。

 

しかし、商売が傾いたなどありましたら受け継ぐことをストップするとも聞きます。


昔の名残ですが尊敬できる先祖がいたことを知ることができるといいのではないでしょうか。  

まとめ

男の子は姓が変わらない前提で名前を付けます。

 

その分先祖から受けるものが大きいように思ってしまいます。

変わらないので画数が変わることもないこともあり何度か検討し他の人に聞いてみるのも良いでしょう。

 

一度紙に書いてバランスの取れている名前か全体をみてみるのもイメージ確認となります。

 

この記事は私が書きました

春恋(はるこい)

鑑定歴10年
鑑定実績 550件程(無料鑑定含む)
得意分野 家庭問題、恋愛、結婚、離婚、仕事、就職、育児他
鑑定占術 四柱推命、紫微斗数、断易、タロット、数秘術

メール占い専門館 ◎ http://www.uranaisenmon.com/naboo/teller_detail.php?tlr_id=382&pdc_id=&cpid=