姓名判断コラム

姓名判断でなぜ画数を気にするのか

姓名判断といえば、苗字と名前の画数を出して占うものが多い印象ですよね。

芸名やペンネーム、ハンドルネーム、源氏名には即効性のある占術としても知られています。

 

幸福の姓名判断は1990年から始まった無料占いサイトです。 当サイトでは名前(姓名)の画数を元にして、総合的な運勢、家系的な運勢、仕事の運勢、愛情面の運勢、 社交運、性格、人間関係、注意が必要な体と健康、ラッキーポイント、今月の運勢バイオリズムがわかります。

自分の名前のバランス、気になる人との相性、生まれてくる赤ちゃんへの命名など、ヒントをつかむのにご利用いただけます。
 
もし気になる名前がありましたら、幸福の姓名判断をお試しください。
 
 
 
alt="幸福の姓名判断は榮倉奈々さんなどの姓名判断ができる”

姓名判断と西洋占星術

姓名判断は開運にも効果のある優れた占術です

特に、芸名やペンネーム、ハンドルネーム、源氏名には即効性のある占術ですが、そもそもなぜ画数を使って占うのでしょうか?

 

西洋占星術で言えば、まだ天王星、海王星、冥王星が発見される前からありました。

当時は土星までしか発見されていませんでしたので、今の星座の支配星とはずいぶん違っています。  


算命学などの東洋占星術も歴史のある占術です。  
姓名判断は諸説ありますが明治以降にできたものとも言われています。

 

今回は、明治以降にその原型ができたとされる姓名判断が画数で占われる根拠をご紹介していきます。

【姓名判断と画数】 数字に宿る力

皇族の方には姓がないことはご存じの方も多いでしょう。

また日本でも古くは姓がなく、名前だけでしたが、その後、明治以降に法律で姓をつけるようになりました。

 

当時に住んでいた周りの環境から取った名前を姓にしていたことが多いようです
そのため、自然や環境に関係する姓が多いことも頷けます。  

数字に秘められた意味【姓名判断】

姓名判断にも流派が多く、占い師の方によっても占い方が異なります。

画数よりも大事なものがあると言われる方もいます。

それでも、「数字」には吉凶があるとされている「数霊(かずたま)」が使われて姓名判断の画数の意味になっているとも言われています。   (※ 数霊とは、日本の古い時代の神道において、数に宿る霊のこと、数に宿る不思議な力のことを言います)  

 

画数は吉か凶だけでみる傾向があるようですが、数霊では吉の数字でも、長所と短所があるとされています。

凶の数字とされていても長所もあるとされているのです。 

西洋占星術でも木星は大吉星と呼ばれていますが、時として傲慢さになることで不運となることもあるとされています。  

そうした流れの中で考えますと、画数の影響力は確かにあると言えるでしょう

西洋の姓名を占うものでも、姓名を数字にして占うものもあります。

姓名の画数になんの意味もないものであれば、今も姓名判断が受け継がれてはいないでしょう。  

【姓名判断と画数】姓名判断でなぜ画数を気にするのか

なぜ、画数を気にするのかという問いに答えるとすれば、数字には吉凶が込められている。運気を上げ下げする力が秘められていると思われているからでしょう。


姓名判断は、基本的なものとして、音や形、意味という読み下し。陰陽、五行、天地、そして画数をみるのが姓名判断と言われています。

【姓名判断と画数】姓名判断と音の関係

画数の他に「音霊(おとだま)」見てみましょう。  


「音」はそれぞれ陰陽五行に属しているとされていますので、望んでいるイメージに合わせて、音を選ぶことが良いとされています。   ※ 陰陽とは太陽は陽、月は陰、男は陽、女は陰に分けられます。



五行とは火、土、金、水、木の関係です。

木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずる。これを相生といい、良い関係とされていて、東洋占星術では相性を見る、運気を見る時にも使われます。  

木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つというのが相剋と言い、悪い関係とされるものです。


 
た行・な行・ら行 = 火(活気に満ちているとされる音)
あ行・や行・わ  = 土(優しく落ち着いているとされる音)
さ行       = 金(華やかで人気が得られる存在になる音)
は行・ま行    = 水(ソフトで柔軟性があるとされる音)
か行       = 木(ポジティブで勢いよく伸びるとされる音)  

 

名前の最初の一文字目を見ます。
有名な人で見ますと、吉田拓郎さんの名前は「た」で火。
活気に満ちているというイメージの音です。


上田晋也さんの名前は「し」で金。華やかな芸能人向きの音になります。


明石家さんまさんの名前は「さ」で金。
同じく芸能人として成功しやすい音となります。


アニメ、鬼滅の刃の作者、吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)さんの名前は「こ」で木。
ポジティブで勢いが良いとされる音になります。  

【姓名判断と画数】天格・人格・地格・総格

私自身が重要だと思っているものは、「五行三才配置」です。

三才配置は天格、人格、地格の三つの関係を表したもので、天格、人格、地格のそれぞれを特殊な方法で五行に置き換えます。

その配置で吉凶を占います。  



天格は苗字の画数です。その苗字をもつ方の先天的、遺伝的要素ですが、姓名判断では重要視していません。  
人格は苗字の一番下の字と名の一番上の字を足した画数です。年齢でいえばおよそ二十代から五十代頃までの運です。ここは流派によりますが、特に重要な格とされています。  
地格は名の画数です。その人の家庭運や恋愛運、基礎的な運を司る格です。年齢的には生まれてから二十歳ぐらいまでの運です。  
外格は総格から人格を引いた画数です。その人の人間関係に関わる格です。  

総格は苗字と名前、全ての画数です。根本的後天運を司る格とされ、人生全般に広く薄く関わります。人生の晩年に大きい影響がある格とされています。  

まとめ  

姓名判断で画数を重視しているのは、数字には吉凶があり、名前を数字にして占うことで、性格や運気を占うことができると考えられているからでしょう。  


姓名判断では音を大事にして占うものもありますし、五行三才配置も重要です。  

 

 
 
 

この記事は私が書きました

天巫(あまね)

実鑑定歴/11年
 (得意分野)
恋愛全般,結婚,人間関係,進路と仕事,適職、どんな人生を歩むべきか、開運,神社 、大運と年運などの運気鑑定など。
(鑑定占術)
西洋占星術(とくにリリト占星術・前世占い「2004年までの生まれの方まで)・開運術・四柱推命・夢占い、姓名判断・数秘学・九星気学・オリジナル占術(ゴマ書房出版大賞・佳作)・霊感タロット・風水 等

◎天巫 公式HP・産霊(むすび)◎ http://538538.jimdo.com/
◎天巫 公式ブログ・産霊◎ http://14688888.blog.fc2.com/
◎天巫 メール占い専門館◎ http://www.uranaisenmon.com/naboo/teller_detail.php?tlr_id=104