芸名やペンネームを付ける時にこれに気を付けて!【姓名判断】

芸名や源氏名、ペンネームやハンドルネームを考える時に、あなたのセンスでつけるのも良いと思います。

ですが、開運を期待したい場合は姓名判断を参考にすることをおすすめします。

ちょっと自己紹介


 
幸福の姓名判断は1990年から始まった無料占いサイトです。 当サイトでは名前(姓名)の画数を元にして、総合的な運勢、家系的な運勢、仕事の運勢、愛情面の運勢、 社交運、性格、人間関係、注意が必要な体と健康、ラッキーポイント、今月の運勢バイオリズムがわかります。
自分の名前のバランス、気になる人との相性、生まれてくる赤ちゃんへの命名など、ヒントをつかむのにご利用いただけます。
 
もし気になる名前がありましたら、幸福の姓名判断をお試しください。
 
 
 
 

いい名前を付ける方法その① 姓名判断の流派【姓名判断】

芸名・ペンネームを考える際に気をつけたいことの一つとして、姓名判断にはいくつもの流派があり、それぞれに重要としていること、鑑定の仕方、考え方も違います。

姓名を「せいめい」と読むように、姓名は生命にも通じると私は考えています。 姓名は人の運気や性格、生き方にまで影響を与えることがあると思います。そうしたことを考えると、姓名判断で吉とされる姓名、芸名や源氏名、ペンネームにしてみるのは良いことだと思うのです。

日本では古来より「言霊(ことだま)」「音霊(おとだま)」「数霊(かずたま)」と言われる思想があり、言葉や音、数に気が宿る、大きな力を及ぼすとされてきました。

基本的には音、形、意味という読み下し。陰陽、五行、天地、そして画数をみるのが姓名判断ですが、流派や占う方によって、考えが異なると思います。要は良い結果になればそれでよいのだと思います。

いい名前を付ける方法その② 自分の名前との相性【姓名判断】

二つ目は、私は画数と姓名と本質の干支の相性が良く、その名前が好きであればその名前を使うのが良いと思っています。どんなに良い名前だとしても、あなたが好きになれない名前とは上手くやっていけないと思います。

本質の干支は、算命学では「核」といわれるもので、四柱推命では日柱の上段の干支です。

「甲」は樹木の木。「乙」は草花の木。「辛」は宝石の金などです。

木の人でしたら、水や木、火の気を生じる姓名と相性が合い、金や土の姓名とは相性が良くないとみています。陰陽の法則で、調和するか否かということです。

たとえば、本質が金の人なら、金や水がつく姓名とは調和する、相性が良いとみるわけです。

いい名前を付ける方法その③ 名前を知られたい【姓名判断】

気をつけたいことの三つ目は、良い姓名だと信じて付けた後は、なるべくたくさんの人たちに、付けた名前を認知されるようにすることです。

姓名は人に知られることでその効果を発揮するのだと言われているからです。

姓名を付けても無人島では効果が出ないというわけです。

私の経験談として、最初の占い師名は忘れてしまいましたが、自分のセンスで付けただけでした。姓名判断の占いは学んでいましたが、そのときは姓名判断のことを軽く考えていたのかもしれません。

あまりにパッとしないので、姓名判断で占い師名を付けなおしました。

とある神社で私の前世のビジョンをみて、そこからひと文字を入れました。すると、鑑定数が増えるなど、全体的に順調になっていきました。

より多くの人に名前が知られることで名前の効果があがっていくということで、ホームページを作成し直し、ブログも二つ作り、なるべく更新していきました。他にもTwitterなど、SNSをいろいろと使い、いろいろなサイトに登録しました。

 名前が知られていく過程でよくない兆候があり、より悪くなっていくようでしたら、つけた芸名・ペンネームがよくなかった可能性もありますが、いくつかの占い、東洋占星術や西洋占星術などでその時期の運気を占ってみるとよいでしょう。特に年運の影響力は強いですし、大運の交代期時期は物事が滞りやすいですから、そうした時期にあたっていた場合、一緒に住んでいる家族や友人たちの運気がよくない運気だと、つけた名前が良くてもあまり効果が感じられないこともあります。

さらに言えば、会社や職場の場合、業績や売り上げが落ちている場合、その時期の社会の環境もありますが、経営者トップの運気が落ちているということもあります。

いい名前を付ける方法その④ 自分の気持ちが大事【姓名判断】

四つ目として、つけた名前がお気に入りで開運していく名前だと鑑定されたら、これからどんどん良くなっていくと信じることが大事です。

姓名判断に限らず、ネガティブな思いはネガティブなことを引き寄せてしまいます。「マーフィの法則」という著作にもあるように、強く思い続けることで現実化するものですから。

まとめ

① 姓名判断にはいくつもの流派がありますから、芸名・ペンネームを考える際は1カ所だけの鑑定ではなく、複数みたほうがよいでしょう。

② どんなに良い名前をつけたとしても、その名前が気に入らなければ効果は薄いです。名前と仲良くし、調和してこそ一心同体になって良い運気になるものですから。

③ 芸名・ペンネームをつけたらその名前を様々なところで広めていきましょう。より多くの人たちに知られていくことで、名前の開運効果があがっていきます。

④ 好きな芸名・ペンネームをつけたら、どんどん良くなっていくということを信じることです。良くなるというポジティブな気持ちが良い運気を引き寄せます。

いくつか気をつけたいことを書きましたが、名前は生命に通じます。

軽んずることなく、自分らしい名前との出会いを楽しみましょう。

 

 
 
 
この記事は私が書きました

実鑑定歴/11年

  (得意分野)
恋愛全般,結婚,人間関係,進路と仕事,適職、どんな人生を歩むべきか、開運,神社 、大運と年運などの運気鑑定など。
(鑑定占術)
西洋占星術(とくにリリト占星術・前世占い「2004年までの生まれの方まで)・開運術・四柱推命・夢占い、姓名判断・数秘学・九星気学・オリジナル占術(ゴマ書房出版大賞・佳作)・霊感タロット・風水 等

◎天巫 公式HP・産霊(むすび)◎ http://538538.jimdo.com/

◎天巫 公式ブログ・産霊◎ http://14688888.blog.fc2.com/

◎天巫 メール占い専門館◎ http://www.uranaisenmon.com/naboo/teller_detail.php?tlr_id=104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です